結婚する前に子どもはどうするのかを話し合おう

夕暮れ二人の将来の人生設計について話をしておくこと――これが結婚する前にしておきたいことです。
その将来の中でも最も大きな問題が「子どもを作るのかどうか」で「作るならいつの時期なのか」とか「何人なのか」ということです。
昔の世の中のように結婚したら女性は専業主婦になって子どもを作り家庭を守っていく――こういった古くさい考え方をする人はもういないでしょう。
結婚したらそれなりの時期までは二人の幸せな生活をしたいでしょう。
反対に「たくさんの子どもが欲しい」という希望を持っているご夫婦もいます。
妊娠・出産となれば女性は「仕事をどうするのか」という問題がでてきます。
出産前の10カ月は妊娠していいます。
出産後は法律的なしばりもありますから基本的にある程度の期間は仕事ができないと考えましょう。
男性にも育児休暇が認められているのはもちろんですが、取得する男性はまだまだ少ないのが現状です。
赤ちゃんが小さい間は、母親でなければ対応できないことも多いですし……。
育児期間が終わって元のセクションに戻れるのならば問題は少ないかもしれません。
けれども結果的にそのまま退職してしまう女性は多いです。
結婚後も仕事を続けたいという希望がある女性にとって出産は大きな問題として立ちふさがります。
こういったことも結婚前にはキチンと話をしておかなければ、子どもについては大きな問題になりかねません。
子育ては父親も母親も二人で協力してやることです。
奥様が仕事をしている時間帯は実家に見てもらえるとか、事前に計画を立てておくべきです。